ウエストリバーカーズ
HP http://www.wr-cars.com/ 在庫情報 検索する
       
  小さな韋駄天。

 東大阪水走、中央大通に面した好立地にショップを構える「ウエストリバーカーズ」。ここは2002年5月オープンを迎えたばかりのmini専門店である。スタッフはご夫婦と娘さんの三人。文字通りアットホームな雰囲気で、店全体にほのぼのとしたムードが漂う。真新しい店舗に居並ぶmini。どれも程度が良好で、きちんと仕あげられているという印象。

  オーナーの川西さんはメカニックからのたたき上げで、とにかくクルマを触っていることが何よりも好きだというお人柄。メカニック時代は、M-ベンツやBMWを主に扱っていたということもあり、mini専門店を始めるということで親しい人たちは驚いたという。「もともと、小さくて速いものが好きだったんです。ルックスからは想像もつかないワイルドな走りに昔から憧れを持っていました。それにminiの誕生したのは1959年でぼくとは同い年。なんだか他人のような気がしなくて…」と川西さん。自らが専門店を構えることとなり、miniの持つそのメカニカルな魅力に、ますますハマっているのだという。


  妥協を許さぬメカニックの目。

 メカニック出身ということで、クルマを売ることよりもいいクルマに仕上げることに、どうしても目が向いてしまう。けれども、そのことがこのショップの明確なオリジナリティとなって、訪れる人の心にひしひしと伝わってくる。オークションや業者からの下取りによって仕入れたクルマを徹底して整備する。ともすれば癖のあるこのminiというクルマを誰もが気軽に楽しめるクルマへと仕上げることが、今、このショップに課せられた使命であると川西さんは考えている。「たとえば、パワステを付けてほしいといった対応も全然オーケーです。クルマは快適に乗れるからこそ、その存在意義があるのだし、何より、今のminiなら、どんな機能でも付加することが可能です」。とにかく自分の気に入ったクルマだけを仕入れ、それがどんな人にでも扱えるクルマに仕上げていくことが川西さんの喜びなのである。

  取材の最後にこれからのビジョンを尋ねてみると、「まだまだ生まれたばかりの店ですし、やりたいことはたくさんあります。個人的にはレースが好きで、今までプジョーでエントリーしていたのですが、miniでも出てみたいし、お客さんとの走行会なんかも企画したい。後は、もっともっとパーツ関係のラインナップも充実させたいですし、オリジナルパーツの販売も着々と計画しています」普段は物静かな川西さんの口から無数の展望が矢継ぎ早に迸る。家族三人で始めた大きな夢の一歩が、今、まさに踏み出されようとしている。

 
在庫車も常時10台以上。ラインナップの基本は誰もが乗りこなせるminiということだが、稀少車についても常時1〜2台は確保されているので、まずは要チェック!全国何処へでも納車可能。また、電話やメールでの問い合わせも気軽に対応してくれる。



96年式35thアニバーサリーは稀少なアーモンドグリーン、オートマチック仕様で価格は116万円。94年式mini1.3は低年式ながら内外装ともに程度は良好。どのクルマも細部に至るまでしっかりと整備されている印象である。




オーナーの川西さんは、2001年ユーロカップフレッシュマンで4度優勝というかなりの強者。昔は相当やんちゃもされていたようだが、今はすっかり“やさしいお父さん”という印象で何とも微笑ましい。

       

  ウエストリバーカーズのHomepageはこちら
http://www.wr-cars.com/


 
 SHOP DATA  MAP
店名: ウェスト リバーカーズ
住所: 〒578-0921
大阪府東大阪市水走3-8-46
TEL: 0729-68-3298
FAX: 0729-68-3299
URL: http://www.wr-cars.com/
E-mail: info@wr-cars.com
営業時間: 10:00〜21:00
定休日: 火曜日
在庫情報: 検索する

  < Back